食品の栄養素とその働き・役割を紹介するブログ

食品・食材に含まれる栄養素の働きや役割について紹介していきます。

ミネラル ~ヨウ素ってなに?~

五大栄養素は、『たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル』のことです。

 

ミネラルと言っても、ビタミンと同じように数種類あります。

 

ミネラルを大きく分けると

 

  • 多量ミネラル

 

  →ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン

 

  • 微量ミネラル

 

  →鉄、亜鉛、銅、マンガンヨウ素セレン、クロム、モリブデン

 

になります。

 

では、ヨウ素ってどんなものかご存知ですか?

 

ここでは、ヨウ素について紹介していきたいと思います。

 

ヨウ素(I)

 

ヨウ素は体の中に約10~20mg存在しています。

 

このうち80~90%はのどのあたりにある甲状腺にあります。

 

甲状腺は、様々なホルモンを分泌する機能をもち、ヨウ素甲状腺ホルモンを構成します。

 

ヨウ素の機能

 

甲状腺ホルモンとして

 

 

ヨウ素が不足すると…?

 

ヨウ素が慢性的に不足すると、甲状腺ホルモンの分泌が増加したり、甲状腺が異常に大きくなったり(大きいとのどを見た時に甲状腺がどこにあるのか分かります)、甲状腺が過形成(いわゆる甲状腺腫)を起こし、甲状腺の機能が低下します。

 

特に、海藻類を継続的に食べていない人は、ヨウ素不足に繋がります。

 

妊娠中のヨウ素不足は、死産、流産、胎児の先天異常や甲状腺機能異常(機能が低下する)を招く恐れがあります。

 

ヨウ素を過剰に摂ると…?

 

日本人は、ヨウ素を含む海藻類をよく摂るので、世界でもまれな高ヨウ素摂取の集団になります。

 

そのため、日本人はヨウ素の過剰摂取の影響を受けにくいとされています。

 

しかし、それでも大量に摂取すれば、甲状腺ホルモンの合成量が低下し、軽度のヨウ素過剰症では甲状腺機能が低下したり、重度の場合には甲状腺腫が発生します。

 

どんな食品に含まれているの?

 

ヨウ素は、海藻類の昆布やわかめ、ひじきなどに多く含まれています。

 

また、鯖やいわし、ブリ、カツオなどにも含まれています。