読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食品の栄養素とその働き・役割を紹介するブログ

食品・食材に含まれる栄養素の働きや役割について紹介していきます。

ビタミン ~パントテン酸ってなに?~

f:id:cobat132:20170416212346p:plain

 

ビタミンは、大きく「脂溶性ビタミン」と「水溶性ビタミン」の2つに分けられます。

 

  • 脂溶性ビタミン

 

   →A,D,E,Kの4種類に分けることが出来ます。

 

  • 水溶性ビタミン

 

   →B,Cの2種類に分けることが出来ます。

 

現在 「ビタミンB群」 と呼ばれているものには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、およびナイアシンパントテン酸、ビオチン、葉酸の計8つがあります。

 

ビタミンB群って多いですよね。

 

パントテン酸は、ビタミンとは関係ないように感じますが、これもビタミンの仲間です。

 

ではパントテン酸ってどんなものなのでしょうか。

 

パントテン酸

 

パントテン酸とは、水に溶ける水溶性ビタミンの一種です。

 

もともとは、ビタミンB群で5番目に見つけられたことから、ビタミンB5と呼ばれていました。

 

しかし、現在ではパントテン酸と呼ぶのが一般的です。

 

パントテン酸はいろんな食品に含まれますが、体内の腸内細菌からも作られます。

 

パントテン酸は、ギリシャ語で「どこにでもある酸」という意味です。

 

パントテン酸の働き

 

 

パントテン酸が不足すると…?

 

パントテン酸は広く食品に存在しているので不足することはまれです。

 

不足すると細胞内のCoA濃度が低下するため、

 

副腎障害や成長停止、足や手のしびれと灼熱感(肌が熱くてヒリヒリする感じ)、頭痛、疲労、不眠、食欲不振などが起こります。

 

パントテン酸を過剰に摂ると…?

 

通常の食品を摂取している人で、過剰摂取による健康障害が生じたという報告はありません

 

どんな食品に多く含まれるの?

 

パントテン酸は、うなぎ、子持ちカレイ、レバー、鶏肉、エリンギ、アボカド、納豆、たまごなどに含まれています。

 

 パントテン酸を上手に摂るには▼

eiyo.hatenablog.jp