食品の栄養素とその働き・役割を紹介するブログ

食品・食材に含まれる栄養素の働きや役割について紹介していきます。

ビタミン ~ビタミンB12ってなに?~

f:id:cobat132:20170413172504p:plain

 

ビタミンは、大きく「脂溶性ビタミン」と「水溶性ビタミン」の2つに分けられます。

 

  • 脂溶性ビタミン

 

   →A,D,E,Kの4種類に分けることが出来ます。

 

  • 水溶性ビタミン

 

   →B,Cの2種類に分けることが出来ます。

 

ビタミンBには、ビタミンB1とB2、B6、B12、ビタミンB群の仲間であるナイアシンというように、Bがつくものがたくさんあります。

 

では、ビタミンB12とはいったいどんなものでしょうか。

 

ビタミンB12

 

ビタミンB12は、水に溶ける水溶性ビタミンです。

 

また、コバルトを含有する化合物(コバミド)です。

 

アデノシルコバラミン、メチルコバラミン、スルフィトコバラミン、ヒドロキソコバラミン、シアノコバラミンがあります。

 

ビタミンB12の働き

 

 

ビタミンB12が不足すると…?

 

ビタミンB12が欠乏することにより、巨赤芽球性貧血、末梢神経障害、脊髄及び脳の白質障害が起こりやすくなります。

 

ビタミンB12を過剰に摂ると…?

 

小腸で吸収される場所で、胃から分泌される内因子によって吸収量が調節されています。

 

そのため、ビタミンB12を多く含む食品を摂取した場合、吸収量が減少します。

 

通常の食事を摂っている人で、過剰摂取による健康障害が生じたという報告はされていません

 

どんな食品に多く含まれるの?

 

ビタミンB12は、レバー、さんま、のり、すじこ、貝類、チーズ、もやし、納豆などに含まれています。

 

赤血球をつくる働きを持つビタミンB12葉酸はどちらも重要です。

 

どちらか一方でも不足すると、細胞分裂や増殖がうまくいかなくなり、貧血が起こります。

 

そのため、しっかりビタミンB12葉酸を摂るようにしましょう。

 

 

 ビタミンB12を上手に摂るには▼

eiyo.hatenablog.jp