読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食品の栄養素とその働き・役割を紹介するブログ

食品・食材に含まれる栄養素の働きや役割について紹介していきます。

ビタミン ~ビタミンB2ってなに?~

f:id:cobat132:20170410215336j:plain

 

ビタミンは、大きく「脂溶性ビタミン」と「水溶性ビタミン」の2つに分けられます。

 

  • 脂溶性ビタミン

 

   →A,D,E,Kの4種類に分けることが出来ます。

 

  • 水溶性ビタミン

 

   →B,Cの2種類に分けることが出来ます。

 

ビタミンBには、ビタミンB1とB2、B6、B12、ビタミンB群の仲間であるナイアシンというように、Bがつくものがたくさんあります。

 

では、ビタミンB2とはどのようなものなのでしょうか。

 

ビタミンB2

 

ビタミンB2は、水に溶ける水溶性ビタミンの一種です。

 

化学名はリボフラビンです。

 

ビタミンB2の働き

 

  • 補酵素と呼ばれる酵素を助ける物質(FMN、FAD)として、エネルギー代謝や物質代謝に関与している
  • ビタミンB2は、エネルギー代謝に関与しているので、不足すると成長抑制を引き起こす

 

ビタミンB2が欠乏すると…?

 

ビタミンB2が欠乏すると、口内炎、口の角が切れる口角炎、舌炎など、皮膚や粘膜に炎症が起こりやすくなります。

 

ビタミンB2を過剰に摂ると…?

 

ビタミンB2の摂取量が増えるほど、尿中からビタミンB2が出て行く量が増えていきます

 

また、普段の食生活で過剰摂取による健康障害の報告はされていません

 

どんな食品に多く含まれるの?

 

ビタミンB2を多く含む食品は、レバー、うなぎ、卵、納豆、乳製品、葉菜類などがあります。

 

 

 ビタミンB2を上手に摂るには▼

eiyo.hatenablog.jp