読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食品の栄養素とその働き・役割を紹介するブログ

食品・食材に含まれる栄養素の働きや役割について紹介していきます。

そもそも栄養とは~五大栄養素~

f:id:cobat132:20170317220905p:plain

三大栄養素

たんぱく質

・脂質

・糖質

の3つのことでした。

 

では、その次によく聞く五大栄養素とは何なのでしょうか。

 

 

五大栄養素は、三大栄養素よりもさらに細かく栄養素の働きを分類したものです。

たんぱく質

・脂質

・炭水化物

ビタミン

ミネラル

 

簡単に表すと、

五大栄養素三大栄養素+ビタミン+ミネラル

 

たったのこれだけ、という言い方も変かもしれませんが、

…これだけです。

五大栄養素は5つの栄養素のことですからね。

 

では、新たに加わったビタミンとミネラルは

どんな働きをするのか見ていきましょう。

 

*ビタミン

f:id:cobat132:20170317223643p:plain

ビタミンは私たちの体の代謝の調整に使われています。

健康な体を保つために重要な栄養素の1つです。

 

代謝の調整を簡単に表すと、自転車の潤滑剤にあたります。

潤滑剤の油がなくなってくると、自転車ってこぎにくくなりますよね。

それを解決して、こぎやすくする役割をビタミンがしているのです。

 

現在、正式的に認められているビタミンは、全部で13種類あります。

また、水溶性ビタミンと、脂溶性ビタミンに分けることができます。

 

*ミネラル

f:id:cobat132:20170317223818p:plain

ミネラルは、ビタミンと同じく、健康を保つために必要な栄養素の1つです。

代謝の調整などに使われています。

また、骨や血液といった体を作る原料にもなっています。

 

ミネラルとビタミンの違いは、ミネラルは単一の元素であることに対して、

ビタミンは元素や分子が結合してできています。

 

ミネラルは現在16種類あります。

また、多量ミネラルと、微量ミネラルに分けることができます。

 

まとめ

・五大栄養素とは、「たんぱく質」「脂質」「糖質」「ビタミン」「ミネラル」のことを表します。

・必要な量は少ないですが、どれも体を健康に保つために必要な栄養素です。