読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食品の栄養素とその働き・役割を紹介するブログ

食品・食材に含まれる栄養素の働きや役割について紹介していきます。

そもそも栄養とは~三大栄養素~

今回は三大栄養素についてです。

 

栄養素は働きによって種類が分類されます。

 

その中でも「たんぱく質」、「脂質」、「糖質」に分けたものを三大栄養素といいます。

 

この3つは人が生きていくために必要な栄養素です。

 

時々、炭水化物を極度に減らした「炭水化物ダイエット」など

 

といったものが流行していますが、あまりオススメはできません。

 

炭水化物だって生きていくために必要な栄養素なのです。

 

では、どんな働きをするのか、一つずつ見ていきましょう。

 

たんぱく質

たんぱく質のイラスト(栄養素)

たんぱく質は体を作る栄養素です。

肉、魚、卵、豆、乳製品に多く含まれます。

たんぱく質は体内に吸収されると、アミノ酸に分解されます。

アミノ酸の中でには、私たち体内で作ることができない「必須アミノ酸」があり、

それらは食べ物から摂る必要があります。

そして、筋肉や血液、皮膚などといった体を作る材料となります。

*脂質

 

脂質のイラスト(栄養素)

 

脂質はエネルギーを作る栄養素です。

脂質はバターや植物油、魚介類や肉類に含まれる油脂などといったものです。

脂質は主にエネルギーとして使われますが、体を作る材料としても使われます。

動物性と植物性がありますが、1:2を目安に摂ると良いです。

 

*糖質(炭水化物)

 

炭水化物のイラスト(栄養素)

糖質はエネルギーのもとになる栄養素です。

糖質は体内に吸収されると、分解されてグルコースになります。

このグルコースは脳を動かすのに必要です。(脳はグルコースでないと動きません。)

糖質は米やパンといった穀物類、いもなどに含まれます。

 

まとめ

三大栄養素とは、「たんぱく質」「脂質」「糖質」のことを表します。

・どれも体にとっては必要。しかし、過剰摂取は禁物でバランスが大事です。