読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食品の栄養素とその働き・役割を紹介するブログ

食品・食材に含まれる栄養素の働きや役割について紹介していきます。

なぜ玉ねぎを切ると涙が出るのか

野菜の栄養

f:id:cobat132:20170223215212j:plain

玉ねぎを切ると目にしみますよね。

料理に慣れた主婦の方でも、ものによっては涙が出てしまうのでは?

 

涙を出させる成分は「硫化アリル」。

これは玉ねぎの細胞の中にあるので、玉ねぎを切って細胞が壊れると出てくるんです。

この硫化アリルは揮発性(気化する性質)なので、目や鼻から入って涙を出させる作用を持っているんですね。

しかし、硫化アリルは結構大事な栄養素なんです。

実は血液をサラサラにしてくれる作用があるといいます。

目にしみるのはつらいかもしれませんが、身体にいいと思って玉ねぎを積極的にとりましょう。

 

ちなみに、玉ねぎに泣かされないためには、冷蔵庫で冷やした直後に切るのが効果的。

また、硫化アリルは水に溶けるので、玉ねぎを水につけてから水気があるうちに切ってしまうのもいいと言われていますよ。