読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食品の栄養素とその働き・役割を紹介するブログ

食品・食材に含まれる栄養素の働きや役割について紹介していきます。

野菜ジュースにニンジンはアウト?その理由とは…

f:id:cobat132:20170223212758j:plain

野菜ジュースの代表的な野菜・果物といえば何が思いつくでしょうか?

リンゴ、バナナ、ニンジン、ホウレンソウ、トマト、ケール、モロヘイヤなど、

普段食卓に並ぶような食材から、野菜ジュースくらいでしか見かけないものもありますよね。

 

でも、実は野菜ジュースを作るときにニンジンは相性がよくありません。

他の野菜のビタミンCを壊してしまうのです。

 

ニンジンには、アスコルビナーゼという酵素が含まれています。

これは、「アスコルビン酸を分解する酵素」という意味の名前なんですよ。

そして、ビタミンCの本当の名前は、「アスコルビン酸」。

 

ニンジンをすりおろしたり細かくすると、アスコルビナーゼが活動し、

周囲のビタミンCを分解してしまうんです。

 

なのでご自身で野菜ジュースを作られるときは、美容・健康のためにはニンジンはパスしたほうが良いかもしれませんね。

 

ちなみに、ビタミンCが豊富なことでジュースにおすすめの食材は、

ブロッコリーネーブルオレンジ、グレープフルーツ、イチゴ、ピーマン(特に赤)、ミニトマト

です!

 

ぜひ、これらの食材でおいしい野菜ジュースを作ってみてくださいね。