食品の栄養素とその働き・役割を紹介するブログ

食品・食材に含まれる栄養素の働きや役割について紹介していきます。

突然ですが…!

いつもご覧になっている方、はじめましての方、

 

突然ですが、このサイトはお引っ越しいたします…!

 

ただいま、お引っ越しの準備をしている最中です。

 

そのサイトはコチラになります ↓ ↓ ↓

 

kodomo-eiyo.com

 

(まだ記事数は少ないですが…。これから毎日更新していきます。)

 

2週間後ぐらいには、ここのサイトを閉鎖し、上記のサイトで活動していくので、ぜひぜひご覧になってください!

 

よろしくお願いします!

広告を非表示にする

なぜ玉ねぎを切ると涙が出るのか

f:id:cobat132:20170223215212j:plain

玉ねぎを切ると目にしみますよね。

料理に慣れた主婦の方でも、ものによっては涙が出てしまうのでは?

 

涙を出させる成分は「硫化アリル」。

これは玉ねぎの細胞の中にあるので、玉ねぎを切って細胞が壊れると出てくるんです。

この硫化アリルは揮発性(気化する性質)なので、目や鼻から入って涙を出させる作用を持っているんですね。

しかし、硫化アリルは結構大事な栄養素なんです。

実は血液をサラサラにしてくれる作用があるといいます。

目にしみるのはつらいかもしれませんが、身体にいいと思って玉ねぎを積極的にとりましょう。

 

ちなみに、玉ねぎに泣かされないためには、冷蔵庫で冷やした直後に切るのが効果的。

また、硫化アリルは水に溶けるので、玉ねぎを水につけてから水気があるうちに切ってしまうのもいいと言われていますよ。

野菜ジュースにニンジンはアウト?その理由とは…

f:id:cobat132:20170223212758j:plain

野菜ジュースの代表的な野菜・果物といえば何が思いつくでしょうか?

リンゴ、バナナ、ニンジン、ホウレンソウ、トマト、ケール、モロヘイヤなど、

普段食卓に並ぶような食材から、野菜ジュースくらいでしか見かけないものもありますよね。

 

でも、実は野菜ジュースを作るときにニンジンは相性がよくありません。

他の野菜のビタミンCを壊してしまうのです。

 

ニンジンには、アスコルビナーゼという酵素が含まれています。

これは、「アスコルビン酸を分解する酵素」という意味の名前なんですよ。

そして、ビタミンCの本当の名前は、「アスコルビン酸」。

 

ニンジンをすりおろしたり細かくすると、アスコルビナーゼが活動し、

周囲のビタミンCを分解してしまうんです。

 

なのでご自身で野菜ジュースを作られるときは、美容・健康のためにはニンジンはパスしたほうが良いかもしれませんね。

 

ちなみに、ビタミンCが豊富なことでジュースにおすすめの食材は、

ブロッコリーネーブルオレンジ、グレープフルーツ、イチゴ、ピーマン(特に赤)、ミニトマト

です!

 

ぜひ、これらの食材でおいしい野菜ジュースを作ってみてくださいね。